子供を預けて働くこと

看護師として働く方が託児所に子供を預けることで、安心して看護の仕事に専念できるため、託児所の設置を拡大していく国の方針が社会を変える手立てになると思うのです。託児所は働く方においての精神安定を促す場所のようなものであり、子供を見てくれる保育士がいることで子供の成長を見守る親の安心感が芽生えてくるのです。託児所のほかにも、病院に保育所が併設されていたり、保育園で看護師として働いてそこに子供を預けるという選択肢もあるようです。
 時には、育児に追われるのが精神的なストレスを引き起こすものだとして、自分の子供を託児所に預けて育児ストレスから逃げようという思いがよぎることがあるのではないでしょうか。それでも、わが子の成長を見届けるにつれて、託児所に依存するばかりではなくて、自分の手で我が子のために尽くそうとする気持ちになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です